FC2ブログ




6.xx PROMOD-B10 / 6.xx PROMOD NIGHTLY 導入方法

f0395184.png
PSPでISO起動やHomebrew起動をサポートするCFW
人気のPRO シリーズ最新版「6.xx PROMOD-B10 / 6.xx PROMOD NIGHTLY」
が1月9日に公開されました。
以前公開されたLCFW 6.60/6.39/6.35/6.20 PRO-B10 fix
mod(改変)版になります。
リリースはPSPidentの開発者Yoti氏。

LCFW PROからの変更点
1.VSHメニューを有効/無効にする機能を実装
2.リカバリーメニュー -> [configuration]-> [vsh menu]を有効化する
3.Rを押しながらFastRecoveryを開始
4.ISO/CSOのためのペアレンタルコントロール機能を実装
5.最適化されたデフォルト設定
6.irShellを ゲームからブロック(issue 197)
 *ms0:/IRSHELLフォルダがあると、一部のゲームの起動を妨げる

導入手順
1.公式サイトより、自分のPSP FWバージョンにあったファイルをダウンロード

6.20用
6.35用
6.39用
6.60用
作者公式サイト

2.解凍後出てきたフォルダ内にあるPSPフォルダをメモステ(ef0)の
ルートディレクトリに上書きコピー。
XMBより起動、インストールを完了させてください。
acc58713.png

3.下のように英語のメニューが表示されたら×ボタンでインストールを実行。
8baad03598bafeb9bff7-LL.png

すると

9fb60a2ebf61a6378c7f-LL.png
このような画面が出ます
これで導入完了です( `д´)b

またFastRecovery は導入を高速化するためのサポートアプリ。
同じくPSP→GAMEフォルダに配置し、XMBより起動するだけで、一瞬画面が
真っ暗になったあと自動的にXMBに復帰。PRO-B10 fix(mod)の
導入を完了させてくれます。

3482cbb0.png
リカバリーモード実装。VSH menu(XMB上でSELECTボタンで呼び出し)から
直接リカバリーモードを利用できます。

CIPL Flasherの追加(非対策基板のみ)
* CFW ME の neur0n氏作成
CIPL Flasher 起動後、本体flashにCustom IPLを書き込みます。
これにより電源OFF後もCFW状態を継続できます。
ただし導入できるのは非対策基板のみです。

注意
CIPL Flasher For PRO-BでCFW化したまま6.39 PRO-B Updaterで
モジュール削除を行うとブリックするようです。
必ず、CIPL Flasher For PRO-BでCFW化解除(アンインストール)
→ 6.39 PRO-B Updaterでモジュール削除を行って下さい

まだまだいろいろ不具合あってもおかしくないので、導入は自己責任でお願いしますヽ(・∀・)ゝ
スポンサーサイト



[ 2012/02/20 15:05 ] PSP PSP改造 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kojien32.blog.fc2.com/tb.php/9-2e0b3816