FC2ブログ




Half Byte Loader for PS Vita(VHBL) リリース直前最新情報!

60755d28.png

PS Vita にて自作アプリ動作を可能にする最新ハックツール、
Half Byte Loader for PS Vita(VHBL) のリリース直前最新情報が
公開されました。Vitaハック待ちの方は要チェックですね(=゚ω゚)ノ


*注:HBL/VHBL は厳密にはハックとは呼びませんが、ここではあえて
そう呼ばせてもらいます。万人にわかりやすい表現なので。

あと数日で北米および欧州でPlayStation Vitaが発売。
wololo氏のブログにVHBLのページが開設。
VHBLのリリースについてはそのページで公開されることになっていますが、
現在その方法についてのヒントが書かれています。

「開発もテストも完了していますが、VHBLはまだダウンロードできるように
なっていません。現在はUS/EU版のPS Vita発売待ちの状態ですので
VHBLはVita発売後に公開します。
Vita発売前にexploitをパッチで塞がれる可能性を極力排除するための措置です。
具体的なリリース日についてはお知らせできません。このVHBLのページと、
/talkフォーラムにアカウントを登録してお待ちください。
ゲーム名を公開後数時間以内にソニーがストアからそのゲームを
撤去する可能性があるため、結局は発表した時間に然るべき場所で
それを知った少数の方にしか行き渡らない可能性もあります。」

/talkフォーラムはPHPBBですので多分登録メンバーにだけ表示される
トピックを作るのではないでしょうか(逆に違っていたらごめんなさい)。

この方法はwololo氏も書いている通り、ゲーム自体をストアから
削除されてしまった時点で全てが無に帰す状態なので可能な限り
時間稼ぎをすると共に、登録メンバーにしか情報が行き渡らないようにすることで
対策される前に少しでも多くの方に情報を得てもらおうという措置です。

個人的にはその意見には賛成しましたが、いくら登録メンバーにしか情報が
行き渡らなかったとしても、誰かがそのゲーム名を2chに書き込む ->
ツイッターなど他のメディアで拡散されるという不特定多数を相手にすることは
正直に言って制御不能です。
私が賛成したのは「登録さえしていればいち早く情報を入手し、対策前に
いち早くゲームを入手できる可能性が増える」ことに対してであり、
フォーラムに登録したところで100%入手を保証するものではありません。
また、ゲームを無事入手したとしてもVHBLが100%起動できるという
保証がない可能性も出てきました。

ご存知の通り、PS VitaはPCにリムーバブルドライブとして認識されることも
なければメモリースティックよように汎用のメディアもないため、
データのやり取りはPC側で「コンテンツ管理アシスタント」アプリケーションを
起動しVita側で「コンテンツ管理」アプリケーションを起動してコピーする方法か、
PSPに保存したデータを一旦PS3へコピーしてPS Vitaへコピーする方法の
いずれかでexploitセーブデータとHBLをPS Vitaへコピーすることになります。
一度ソニーシステムの検閲を受けた上でコピーすることになるのです。
昨日以下の条件でテストしてみました。

●「コンテンツ管理アシスタント」最新版
●PS Vita OFW 1.60
●PS3 OFW 4.11
「コンテンツ管理アシスタント」-> PS Vita


この方法は現時点では問題なく使えます。

PSPのHBLセーブデータをPS3へコピー -> PS Vitaへコピー

セーブデータはコピーできるもののHBLに必要なファイルは
根こそぎ削除されるため起動しなくなります。
いつの時点からなのか分かりませんが、PS3側でVHBLのファイルだけを
転送させてくれなくなっています。

何が問題なのかというと、汎用の.jpgファイルは転送できるがVHBLで
背景などに使っていることが分かっている.jpgファイルは転送できない、
汎用の.txtファイルは転送できるがhbl_config.txtは転送できない
というように、さもVHBLのファイルを狙い撃ちしたかのような制限の掛け方が
既にされているのです。
つまり、現在リリースされているコンテンツ管理アシスタント for PlayStation
であれば問題ないが、次回アップデートされたらもうVHBLのデータ転送は
不可能かもしれないということです。

今はアップデートを回避できるopenCMAがありますので、もしVHBLを
楽しみに待っているならば絶対にコンテンツ管理アシスタントは
アップデートしないようにしてください。
ただし、現時点で古いコンテンツ管理アシスタントがPCにインストール
されている場合、そのままではいくらopenCMAを使っていようとも
PS Vitaが1.60だと(openCMAのxmlファイルを1.60のものにしていても、です)
PS Vitaと接続できなかったので注意が必要です。
私のやり方が間違っていたという可能性を信じたい気分です。

http://gamegaz.com/201202206959/より

現状準備は出来ているらしいですが不具合がまだあるようですヾ(・д・` )
リリースまではもうすぐなので
PSVitaハックに期待をかけるユーザーは、
静かにそのときを待つことにしましょう。(つ∀-)
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/02/20 16:55 ] PSVITA 改造 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kojien32.blog.fc2.com/tb.php/10-7cd7f624